ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハナリタイ <雨ニモマケズより>


by tamasiro-sango

いのちの宝

さいきん いのちをだいじにしないニュースばかり
さいきん いのちをだいじにしないことばかり
さいきん いのちをかるくするはなしばかり
さいきん いのちをかるくふきとばす事件ばかり
おいら さいきん 祖父を思い出すことばかり
むかし、母屋のはなれに、むかし小さな池があった
井戸をはさんで東に離れ家、西に池があり、その池のよこにはヤギ小屋があり
池には、蓮の花が浮いていた
いつのまにか井戸が枯れて池がなくなったその池の上にヤギ小屋を建てようと
埋める作業をしたのはいつだったか忘れた 小屋が立った
しばらくはヤギ小屋にヤギがいたおいらはそのヤギたちの
めんどうをみる係りだった世話役だねヤギの乳は滋養にいいよと隣のじいさんが
貰いに来た 近所の主婦たちも、赤ちゃんを抱いてヤギ乳をチョーダイといって訪ねてきた
みんな小学校へあがるころ、おいらの一番上の兄が東京へ旅立った
旅費はハンサムなヤギが立て替えてくれた
身を売ってくれたそのヤギの子が大きくなって乳を出すころ
二番目の兄がまた東京へ旅立った
そのときもまたヤギの子が身を売ってくれていた
うちでヤギ汁はつくらない食べたこともない

何年かして兄たちが帰ってきたおいらは高校生だったけれどまだヤギたちがいた
草刈枝打ちサトウキビの葉っぱ、みなヤギたちの食用だった 何年かしておいらは
大学生になった いそがしい毎日でヤギの世話ができなくなった そのかわり役場で
消防の夜間の宿直のアルバイトをはじめた 忙しくなったのはそのせいだった
気がつくとヤギ小屋からヤギがいなくなっていた どーしたのか、祖父に聞くことも
しなかった、母親に聞くこともしなかった 食用に売っちゃったのだから
おいらが食べ物をせわしないから自分が食べ物になってしまったのだ 
あのヤギ乳を飲んでいた若者たちが引っ張っていって青年祝いの食べ物になってしまったのだ
命をつなぐために命を差し出したのだ 祖父も命を差し出したことがある
池の上に立っていたヤギ小屋を壊して結婚する兄の祝宴後のすみかにコンクリートづくりの
立派な離れを建てることになったので、
大工のおじさんと二人で兄が基礎穴をほりはじめたら、むかし池だった中から不発弾が出てきた

それをかたづけないと離れの家は建たない、村のおまわりさんに連絡し、警察署にとどけでたが
それを片付ける処理班というのがいないので、不発弾を持ってきてくれ、という。
そしたら預かる、ということらしい。ヤマトに復帰する前のはなしなので自衛隊が処理に
来るということもない、警察に処理班があって、とっても忙しい、なんせ、一メートル四方に
一つ、バクダンが落ちた島のはなしなので 不発弾があっちこっちにあって、処理が間に合わない

なので、どうか、預かるので持ってきてくださいと警察署。父の兄弟がその伝言を伝えると
しょうがない、池のバクダンは、このおじさんが片付けて持って行こうと主張したら
待て待てと、おじさんの父、お父さんの父さんが 待て、待て、という。
祖父はいう。若い人はあしたがあるから順番で年寄りがやるしごと みんな離れていなさい
そういって昔、池だった穴の中へ入り、スイカのような錆びた不発弾を両手に持ってきて
そのまま神様にささげるようなかっこうで村の交番まで届けた
その後、バクダンがどうなったか オイラはしらないけど 
おいらはヤギの目の人がアメリカアのように見え、神様に贈り物を捧げもった祖父が
なんだか神妙に見えたのだった あれいらい、おいらの命はあるものでなく つながれているものだということが おいらの知るところとなった。
[PR]
# by tamasiro-sango | 2014-01-04 17:11

怒れる日

アラブの春と
まるで雪解け後のたよりのように中東から
いくつものデモ画像が流れた
2010年のことだ焼身自殺をした青年のあとを追うように
反政府のあかしとして青年たちの死がつづいていた
タイ国でもチベットでも自らを焦がし
炎につつまれた画像が脳裏に焼きつく

あれは
チュニジアのジャスミン革命から
エジプトのムバラク大統領退陣をへて
リビアの民主化とカダフィの惨殺へとつづく
そしてバーレーン、イエメン、シリアに
アラブの春は まっしぐらに進む

グローバリゼーションの嵐が吹き荒れる中
アラブは、民主革命に揺れた コーランにかいてない
宗教的見解でその嵐に耐える
「イジュティハード」で耐える
グローバリゼーションの嵐が吹き荒れる中
アラブでは迫りくる嵐のことを
「アウラマ」と言うのだが呑み込まれそうになるイスラム経済
アウラマに抗うする国々「イジュティハード」で耐える国々

そのとき怒れる日3.11の日アラブが激震にゆれた
東北沖大地震にゆれた日
大津波に襲われた東北三県アラブも激震にゆれていた
リビアの空爆が議決されたのだ
リビアは中央銀行のない国IMFも世界銀行も及ばない国
石油で自活できる国イラン、アフガニスタン、イラク、
その四カ国でアウラマに抗した経済圏ができるはずだった
アフガニスタンが激震にゆれて
イラクが戦争に揺れて
リビアが大津波の空爆を受け
いままたイランが激震だ アラブの春は
まるで雪解け後のたよりのように中東を走り抜ける民主主義というけれど
どうやら民主主義は「イジュティハード」が嫌いのようだ
被災地の復興が遅々としてすすまないのも「アウラマ」に抗しているからと 
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-05-06 09:32

過程の事情

記憶のかきかえでなく
記憶にうわがきされた

むかしの記憶に4・28沖縄デーがあった
それに上書きすると
消されてしまう

ついせんじつ4・28主権回復の日と上書きされた
もちろん沖縄の主権回復ではない
うわがきしたのは日本政府
つまり4・28ニポン デーに上書きつうわけ

消えちゃったな
残ったのは なにか

それを思い出しておこう
あれは1957年のことだ もちろん4月28日のこと
講和条約が結ばれて沖縄はヤマトから切り離された

いっぽうは敗戦国から国際社会へ復帰し、バンザイを叫んだ
たほうは敗戦国から切り捨てられて施政権を手離された孤児

国際孤児?
いやいや里子に出されたママコだった 
育ての親は、歴史の孤児にした親
ヤマトを忘れさせるために

青い目の里親はヤギの目をして
自主独立 民族の誇り 自尊自立 気鋭の統治をした
それでも母親恋しいのママ子がいた
青い目の里親は、意を決して
ひるがえる国連信託統治の島、よみがえる琉球王府、よみがえるりゅうちゅう国
育ての親ヤマトを忘れさせるため意を決して統治した
軍の統治から民政官の統治に移り
よみがえるりゅうちゅう国
ひるがえる国連旗と星条旗

1609年
島津藩の侵入でヤマトの従属国となったりゅうちゅう王府
廃藩置県でヤマトの植民地に組み込まれたりゅうちゅう王国
王はヤマトにとられ県となり、県令をいただいて戦場(いくさば)になった、りゅうちゅう国

ヤギの目をした青い目の里親
ひっしに県を消そうと
りゅうちゅう政府をつくった
上書きはアメリカの講和条約の正当化だった
いままたニポンの上書きは講和条約の正当化だった

うちなーんちゅの上書きは、屈辱の日なのだが
ほんとは翻弄された歴史から くびきの歴史から
さて どーやって独立しようかというママ子の発想をする
ママ子は、いつまでもママ子なのだ
ママコは歌う
ひるまさ 変わたる くぬうちなー めぐりめく歴史
翻弄された歴史 それを自覚して歌うようにそっと上書きする
すべて過程の事情なのだ

歌「嘆き節」

家庭の2(じ)剰 
アメリカ家(やー)と
ヤマト家(やー)の ママ子の嘆き
消そうとするなよ怒り節
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-21 08:00

図書館へ行こう

べんりになったものだ
いながらにして
沖縄県立図書館へ行ける
けさはデジタル館へ行って
貴重資料をみてきた

詩人山之口獏の原稿が読みたくて
いそいそとインタネットを歩いていったのだが
さくひんになるまえの原稿がずらーっと見れて
なんだか詩人の仕事場へ
どかどかと
踏み込んでしまった感じで見てきた

推敲しているさなかの原稿たちおいらとおなじこと書き直し
しているのでほっとした
詩があらわれるまであーでもないこーでもない一人つぶやいて
ぺんさきをつぶしているのだ

沖縄県立図書館へ行って原稿用紙にむかっている獏さんの後姿がみえたので
なあ~んだ詩人の仕事場はここにうつってこーして
毎日原稿に向かっているかとその後姿を見たようで
おもわずおいらは したいひゃ!!大声を張り上げてしまったけど
詩人はそんなことに頓着しないで原稿用紙にむかっている
推敲にすいこうをかさねた原稿用紙のひろがるデジタル館で
詩人はいまなおしこしこと仕事に従事しているかのようだ

いきぬきに図書館からそとをみるとまどから
ディゴの花のつぼみが見えていてこの夏には
真っ赤な真っ赤な花が咲くのだろうとおいらは思った
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-09 05:17

胸キュッ

過去のわたしを思い出すときわたしは胸がキュッとなる
たとえば放埓な考えにとらわれているときあの時
たとえば傲慢な考えにとらわれているときあの若さ
思い出すたびによく生きてきたなあと感心する
思えば自分は36歳くらいの命だろうと
なんの根拠もなく感じていたあの若いころ
思えば自分がおじいさんと呼ばれる年まで生きているとは
想像だにしなかった

未来の自分をおもうときわたしは胸がキュッとする
あなたが隣で鼾をかいているから
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-08 05:44

シーミー (清明祭)

墓の庭につどって重箱をつつき酒を飲みサンシンを弾いたんだけ
誰と宴会したっけ
一族郎党うちそろって墓庭でひとときを楽しくすごした
ブルーシートがかかって洗骨のあの日みたいに
一族郎党打ちそろって
嗚咽するものはあの日のようにはなかった共にすごせるひと時が
いまは嘘のよう
嗚咽するものはあの日のようにはなかったいまは楽しいひととき
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-07 11:47
いい うわぁーちちでーびる
いいてんきですね
という意味だけど 
すばらしくいい日ですねという

快晴 晴れました さわやかな日 転じて
いい天気です あなたにとってすばらしい日々ですね
良き日でありますように
ハブぁ ナイスデー いい日でありますように

うちゅなーんちゅは いい うわぁちちでーびる
あめりか人は ハブぁナイスデー
にほんごでは いいてんきですね
ハブぁ……は いい……でーびる
ナイスデーは うわぁちち

あわせて 青い目も 黒い瞳も いい うわぁーちちでーびる
ハブぁ ナイスデーという意味がもっともしっくりくる
だって うわぁ ちちだもの うわぁがナイス
デー がちち 直訳すると ハブぁはあなたにとっても
琉球語は わたしにとっても 相互にいい日が

うわぁ ちちなのだ
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-06 05:16
ヤマト人が やあ ひさしぶりだね というとき沖縄の人は
みぃどぅさぬや と応える
やあ ひさしぶりだね というときヤマト人からは出会うまで時間が空いたねと感じる
なにげない挨拶が やあ ひさしぶり なのだが
沖縄人に みぃどぅさぬや といわれるときは 見れるのが稀、間遠いなぁとあなたが感じていることが わかってしまうので やあ、ひさしぶりと つい口をついて出る

あなたを目の前にしてあなたの顔がなかなかみれないから
「みぃどぅさぬや」なのだ なかなかあなたの顔を
見ることができないから間遠い
だから時間が空間に
かわって 空間で飛び交うことばと時間に埋もれていることばとが出会うわけ

みぃどぅさぬや には 叱るニュアンスがある
みぃどぅさぬや には 怒るニュアンスがある
やあ ひさしぶり には 懐かしいニュアンスがある
みぃどぅさぬや と同じだ
やあ ひさしぶり には 親しいニュアンスがある
やっぱりみぃどぅさぬやと同じだ 

あなたに「みぃどぅさぬや」といわれたとき なぜ顔を出さないんだ 何してる?
あなたに「みぃどぅさぬや」といわれたとき どこほっつき歩いてんだ という怒りを感じた
だから「みぃどぅさぬや」のあいさつは 単なる挨拶ではないのだ
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-05 05:33
うちあたい 素敵な琉球語だ

うちあたい 心が痛い
うちあたい 感性にまっすぐフィットして
うちあたい 胸を打つ

うちあたい ない奥を打撃する音
うちあたい 気分をしょげさせる響き
うちあたい くやしさより痛みがさきにくる音
うちあたい 扉のむこう

うちあたい すっさ(するよ)
うちあたい し(…沈黙)
うちあたい あなたの「うちあたい」が(伝染するよ)
うちあたい あなたの「うちあたい」を(引き受ける)

うちあたい わかってちょうだいが欠落していることば
うちあたい 伝染はするけどかってに引き受けることば
うちあたい 扉のむこうのちむ(肝)ぐくるをノックする音

うちあたい ない奥にあたる打撃音
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-04 05:30

月しろの旗

琉球国の歴史でよくわからなくなるのは第一尚氏と第二尚氏、第一尚氏は伊平屋の豪族が王に就任したこと、第二尚氏はその家臣が主君を倒して継承したからじっしつ王国は第一尚氏でおわったはずなのにその家臣が第二尚氏となって王国をついでいるからおそらくその家臣というのは第一尚氏の縁者もしくは遠縁なのではないかと思うそうでないと尚氏を名のらないはずただ第一尚氏第二尚氏とも久高島に縁のある豪族だろう月しろ田を耕作した豪族たち折口信夫に「月しろの旗」という創作歌謡があるそうだがその歌の副題が「藩王第一世尚氏父子琉球入りの歌」とある伊平屋島の豪族が琉球入りしたことそして月代を開墾したことを折口の感性は暗示させているかりに第一尚氏は「親」第二尚氏は「子」つまり父子の歴史が琉球王国の歴史かというふうに
折口論文にはも一つ「琉球国王の出目」というのがある長詩「月しろ旗」とともにあり、そこの一種荒唐無稽とも評価されてきたのはたしかに九州の豪族と琉球王国とのつながりをめぐる仮説なのだがたしかに伊平屋島には天の岩戸伝説があり為朝の渡来伝説があり九州ヤマト豪族とのカンケイを暗示させる伝承とつながる
だけどね第二尚氏になってから三山の統一に動くことになるけどそれぞれの南山・中山・北山を形成するのは各地の地方豪族たちだった月しろ田を耕す豪族も南山の一豪族だったしそれが力をたくわえて南山王にのしあがっていくように中山でも豪族間の暗闘がつづき首里へまとまり北山でも今帰仁へまとまっていくわけそしてそれぞれの豪族から世の主があらわれてくる北山の世の主南山の世の主中山の世の主とそれぞれの世の主たちが統一されて琉球国国王が誕生するけれどそれは第二尚氏においてだったから第一尚氏やそれ以前は豪族たちが群雄割拠する島であったわけやっと三山それぞれに世の主があらわれてアジア貿易がさかんになりそれぞれが琉球国王の認証をうけて中国と貿易交易がはじまったけれど、北山も琉球国王、中山も琉球国工、北山も琉球国とあってアジアから見るとすでに三山は統一されておりひとつの琉球国王であったわけ第二尚氏の系統である中山が貿易によって富と力をたくわえて北山と南山を統一したことから統一琉球国になったけれど宮古島にも八重山島にも与那国島にも竹富島にも豪族たちはそれぞれにいて統一琉球国がそれぞれの豪族の平定に出征する
第一尚氏は中山の世の主になった伊平屋島の豪族が出目でありその豪族が九州の豪族の流れだという折口信夫の仮説のその後は たしかに統一琉球国にこみっとした一豪族であったことはたしかそして世の主になりあがってきたのもたしかなのであろう アジアに雄飛する世の主たちはそれぞれが中国と交易しヤマトと交易しそれぞれが琉球国王として認証されていたわけだからそれぞれが琉球国王の旗を立てて世の主たちが海を越えていった13世紀なのだから第一尚氏から第二尚氏にかわったとしても「親」であり「子」であるという親子説では「世の主」をかつぐ豪族たちの発想からは臣下という意識だけが際立っていたのではないかと思う中山の「月しろの旗」は幾人もいる「世の主」たちのひとつの旗であろうから第二尚氏が臣下の政権といわれるのもむべなるかなと夢想するだって「世の主」はなりたくてなれるものでなく豪族たちの合議によって担がれるし、その世の主が琉球国王なのであり、13世紀には三つの国北山・中山・南山それぞれの「世の主」が「琉球国王」だと迎えられていたのである 
[PR]
# by tamasiro-sango | 2013-04-03 07:19